忍者ブログ

孤独を好む

好きじゃないのない友達と一緒に食事をして

琴の懐、雁が長すぎる日。

琴の懐、雁が長すぎる日。
無数の風雨、独伴の多少のしようがない。
一番難しい歩いた、まだ孑然、孤独な。――題言
手のやさしいやさしい、どんな孤独をもできるNeo skin lab 美容 。花、白こずえ、窓、寒くなった寂しさ、またいくらかの昼夜兼行、空垂夜の方向を、想い風扇悲しみ絵を眺めて、寒月西魏会、心、情の難しさは。一度は、無力な自分、そっと飲すすりジェル暗香たゆとうして、遠くの疏影、横斜水天のほか、もし臨花が散ってゆく、夢の中で、数多くの人はどこにいて!
は淺く澄みきっている雲霧、にぶい眺めている、1枚の扉を開けて深い、ただこの鱗重ね順番の屋敷、隠していたので心の遠く、こぼれない情愁に。ざるを得ない慰めの動きの感情が過ぎていくでもあの期待、お尋ねする決着は、すでには見。斜柳飛せよ、灰色、なかった紅塵、涙を染めてにぎやかで、長い歳月、無限年回り。補縫い黄昏の云天たい、夕日の中を歩いて、支えて過去のぼんやりと、のに醉梦の1粒の心を、願って、一樹菩提、また水を渡って1世の縁!
静かに座って、1か所の山水の間、数点時の跡、傷のに憂うつ、またどのようにの思い殘紅を笑って、何度も何度燕来燕に春が来て、秋。黙守フルート怜若死に、過ちの過ちのエレジー、振り返って見る執手相で私はあなたと別れの点滴かけら、冷若冷たい水は、苦い若黄連、咛咽頭唇涙では、どのような曲が琵琶の怨み。江南が隣家に聞いて、何花天、舟九曲回肠春を待つ、誰が流れ、岸春夏秋冬、岸から落ちて、悲しい悲しい、両岸はぼんやりして!
誰と無情殇呆然とする、羌笛故人を送る、蝶の花無語日はまだ早い、心は天涯。イラク人のルージュを殘して、なぜ堪、昨夜星辰風疎雲が重くて、月に行く人もない。空に黄色い花を乗り回し、小走りに惊梦、割れた窓を選んで、注目、ガンは過ぎて東山は遠くて、相思雨が長い。た無力な、また迷惑を徘徊して、は、未瞭、誰が西窓の外、弾を花恥ずかしくて月、歌う瀋魚落雁。ただ床第の物寂しくて、真に憧れて、枕に涙Neo skin lab 電話は心が冷たい、筆をとって字を忘れると、どう出し空文!
斜輝だけ影、靑霧雨の高殿、献身的に2つの字を訴え、難しい点俗縁、世の変転線香をせよ、サンスクリット語、誰かわからないが、別の中華年。昨日家はだしに三千、難しいほど心田花鳥風月、来た、来て、しかし、行きました、またどのように見送る。逃げて雲を霞とのにさらに彷徨うでもがいて、嚥下今生何世、直叫人の生死は難しい、待彼岸花咲くか、川川などして、たとえ声轻叹、一目瞭然あなたの暗示、私も安Misko埋線心も、无悔无怨!
これは朝の交差点で、紅塵が幕、ある夢の思い出に、杯を心配して、あわせのその人、その风轻云淡感懐は若死に惘城南ニュース。透を言わないで、何が二を知らず、八月ケイが漂っ秋香、誰が庭先念の詩と詞、それは一度を守るのは初めての待ち。相知恨晚、2か所閑愁、座って見てわけがわからなければ、心は天涯咫尺、情は一毛滄海、またなぜ巫山取り除くを抜けて、千年のかすかなのに、流れの神話!
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R