忍者ブログ

孤独を好む

好きじゃないのない友達と一緒に食事をして

梅を魚探、冬を探す


真冬に来た、寒いから。夕方、雨が混じっている小雪には、冷たい風が窓に翻って、地上に落下、しとしとと降った夜、雨、本当冲繩自由行に美しい。南は雪が降らないから、雪が降る雪が楽しみに、雪が降っている光景を楽しみにしています。
朝は窓を開け、日は寒かった、と思わず冷戦がした。雪が舞い散るは未待ち望みますから、しかし、やはり冬を迎えた中のあの1筋の風、少しの雨。そっと、深呼吸瞬間、出かけたくて、少し分かち合うこの冬に輝いて、雪による唯美。開けます、音楽、一曲抑揚の歌声の中で、簡単な思考、鋭い眼力笑顔の奥座敷を整理し、洗面し終わって、瑩はナチュラル適に暖かい服は外出……。
一人で歩いて、冬の道で、きれいな空気にまじって少し肌寒い雨の身をかすめ、冷たい風が頬をを抜けて、思いをつないで季節の手には、その花びらに灰色の日には、おぼろ雲のをその熟知してかつ見知らぬ輪廻に。
曲径通幽か所、ドアの前に花が咲く。この冬に入って、あちこちに山盛りに心地よい香り、遠くから見ると、その列梅、冬の雪が付き添って、まるで風の中で探すのが少し淡いシックで優しく、美しい、影の再現。私が好きな梅、つ、絶えず微かな香り、えんみょうの舞で我がほむる、純粋無垢、梅の余裕のほうが好きこ陳柏楠と、屈伏しない、霊性が良くて、誌は気骨。梅が並んで梅兰竹菊(シュンラン、夏竹、菊、冬梅)は「花四君子」の曲が持つ傲雪斗霜、ゆかしい楽観的な精神を、謙虚に、故の百年は来て、ずっと世間の人に愛され、すでに1種の文化のように徴、魅力的な体現ガラの代表、人格。
梅の花、寒しを迎えに、美しくゼツ。まさに「千白丛中紅一点」、一日の気持ちがいい、このちぎれちぎれの梅で芳菲。あなたは好きですか、好きですか、それとも好きで、それはすべてそこにある……
冬、寒い季節、1つの美しい季節、また1つの多い思思の季節です。冬、思い出とあこがれ、人を追求させ、期待と期待をさせる。冬には強い自信を持って、落ち着いた態度、冬は人生に対しての1種の追求、生活の一種であるにも生命の1種の試練。私は感嘆を通して、もし:春は淡い緑簾、暖かさは起伏して、熱情蘭麝、それは春の希望で、夏は曲がったところの静かな澄んだ流れ、澄んだ柔らかさ、それは夏のロマンチックです;秋は1筋の金色の世界、小雨綿、秋色静美、それは秋の成熟。冬は絶対に一筋の咲く花の海で、生命の色、嫣紅の縁、それは冬の唯美。冬は白黒スケッチ、簡単で重厚な、また叡智、控えめで豊満。冬には、美しい、一種の色で、一種の活力であり、一種の一種である。
冬は、風は雲の中、雪は雨の中に漂っている。あれは季の恋だ、冬の期待だ。あなたは好きですか、好きですか、それとも好きで、それはすべてそこにある……
年回り幾つか、どれくらい無暁歳月、もし水のように流れて行く時間、暗い靑春静怡、それで薄い涼の過去が、長い歳月の温情。その愛はずっと;あのかつてずっとあの執着はずっと;あの恋うように温めてずっと。人生は旅に属し、季節は光と命を。生命の花、永遠に心を開いて気持ちには色とりどりの世界では、たとえ雪霜を襲って、依然として衰えないで、依然として不敗。だから、私はこの淡い墨香、半巻の光陰燈私は一面の空を考え、私の心のあの美しい。私は時と酒を酌み交わし、日月座り込み、ゆっくり味わって苦いの人生、平淡の気持ち、振り返って見ることで、自分に1つのほほえみ、旅の中で、気持ちが美しい低眉間、ぼんやりと一曲風雅……
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R