忍者ブログ

孤独を好む

好きじゃないのない友達と一緒に食事をして

孤灯下の真夜中


五月、窓の外の風の空気は少し薄い涼、雨の降る日はさらに顕の寒さは、人の気持ちは環境変化に従って、いかなる事を感じても面白くないし、だらしの、最も好きな文字やダンスももう愛し動、心も知らないどこ飛んで、細かい雨の倣仏も春、そんなに柔そんな細いだけが見えないハルヒのその優しさとこまやかで心を打つ。
慣れた一人で自分の生息地で泳いでいき、音楽を聞いていると、夜の長いのをつぶすわけがわからない。時にはさわやかなが好きな空去眼紋間が殘らないで、時にはまた渇望をめくりその文字刻まれた跡を殘し、空白の時にいくつかの素晴らしい想像、触って空白のあれらの空間。空間を殘して多すぎる痕跡時、不意にめくって、いつもあの花の美しさを落ちて割れた若死。
たくさんの人と事に、もしかすると、ある痕跡はいつもいい、少なくとも歳月無痕が、私たちの世界はいつも以上に空白の跡、すべて少し殘さないほうが親切で、たとえ痛や疲れ。しかし、よく、このような1部の親切をそそる多くわけのわからない想いと牽掛、無数の寂しい夜も心を刺し。私はどんなに望んで「時間は水の水で、何も言。もしあなたは晴れ完璧につけ」ができないで、多すぎるので痛みだけ人の境界に達しないように。
雨の夜の風は冷たく、雨の夜の心はもっと悪く、指先をかすめてキーボード、私は考えて、今晩私はどのようにあなたを刻む文字の中では、想い、憎しみ、もっとかも……。
時時は「守1段の時間がゆっくり老いると、幸福。」彼女も、「滯在は刹那、転身は天涯には。」実は私はなんと希望私を守っているの韓國 醃肉汁あれらの光陰が私に幸せ、世相薄涼の今、私はなんと私心が私を守っているあれらのつかの間の寒さと暖かさ、たとえ私が落成いい涙さえすれば、心は幸福の、十分に!“滯在のあの束の間にあれは、あっという間に天涯」、人生は短い、向きを変えては幸せならば、滯在のは永久不変で、そんなに私は殘念にとどまってあの時、たとえ短い間に合わない呼吸はばらばらに天涯で、しかし誰が私にそんなにすばらしい瞬間?
道中、経験した多くの事、多くの物語も行けない根問い、いかなる1件の長い堅持して心乱離骨灰こともでき、瞬間存在ですが、私はその幸運児ですか?知り合いの付き合いの少し、夜の雨の中に隠れて、指先が下でもの感嘆と感傷的になって、私の世界がどうした?たいのに必死に逃げては捨てないで、まるで私の世界の花が枯れる時も君の微笑み。。。。。。
かもしれない想いは立って涙に花が咲き奶粉過敏、憎しみは涙を流すの中に花は、心の世界の中にはいつも花は散る想いと憎悪はいつも瞬間どのように変わっても、一緒に過ごした夜の長い時間を落下さと淡い恋しい……。
また1つの同様の真夜中、いつか慣れて寝るのが遅く、忙しくないからではなく、文字は私に付き添って、知らず知らずのうちにまた真夜中、五月の心で泳いでいくネット、滯在文字の中で、なんと希望はある日突然それでは1種の心境を「歳月無言で、心は永遠もしあなたは晴れ完璧につけ!」
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R